志望動機の考え方と作り方で国家公務員の面接対策は決まる!

国家公務員の面接対策は志望動機の作成が全てです

従来までの国家公務員試験の合格セオリーというのは、「筆記試験で高得点を取り、面接試験は無難にこなして逃げ切る」というものです。しかし、平成24年度の新採用試験の実施によって、この方法は安全性が極めて低くなりました。

その理由は、第一に面接試験(人物評価)の配点比率が高まったこと。第二に、最近の国家公務員試験の傾向からすると、人事院面接を通過しても官庁訪問時の面接の難易度が上がっていること。第三に、公務員受験浪人生が増えており、早くから面接対策を行う人が増えている、ということです。

そんな能書きはどうでも良いから早く教材を紹介しろ!

公務員面接試験一発合格講座~実践講座DVD付~ズバリ、国家公務員の面接対策に必要なものは、この「公務員面接試験一発合格講座」だけです。

国家公務員の面接対策で重要になるのは、いかにして志望動機を組み立てるのか?それだけです。しかし、志望動機を組み立てる方法に触れている面接対策の本はほとんどありません。

あっても、合格者のサンプルが紹介されているだけで、それを仮に真似しても人事院面接は通過できても、官庁訪問で行う官庁時訪問面接には太刀打ちできません

この合格講座では、あなたの自己分析をしながら、あなただけにしか作ることのできない志望動機を作成することができるノウハウが紹介されています。もちろん、志望動機の作り方だけではなく、面接官がどこを評価しているのか、実際の面接試験でどのように受け答えすれば良いのかということも169ページにもわたるテキストによって解説されています。

公務員面接対策のマニュアルとしては超ロングセラーのマニュアルで、2012年版では面接シート(面接カード)の書き方も無料特典としてもらうことができるようになっています。
【追記2013年5月28日】2013年版の教材は、従来のテキストに加えて、なんとDVD講座が付属しています。自宅に居ながらにして、好きな時間に動画形式で志望動機の作成のみならず、面接の受け答えやマナーなどを学ぶことができるようになりました。これは強烈な特典ですね。

>> 公務員面接試験一発合格講座の気になる内容とは?

国家公務員試験は合格しても内定しなければ無意味!

最近の国家公務員試験では、合格者が全て内定になるとは限りません。昔は、合格すれば採用者名簿に記載され、受験者が諦めなければどこかの省庁に採用されていたのです。

しかし、最近は合格者の数を増やし、官庁訪問時の面接試験で内定者を絞り込むという形に変わってきています。地方公務員試験では、合格=内定がほぼ約束されます。しかし、国家公務員の場合には合格=内定ではありません。

国家公務員試験に合格するためには、「人事院が行う面接試験をパス」する必要があり、国家公務員として内定するためには「各省庁が実施する官庁訪問時採用面接試験をパス」する必要があります。

実は、人事院が行う面接対策はそれほど厄介ではありません。どちらかというと、評価の視点は「受験者が公務員に向いているかどうか?」ということです。しかし、各省庁で行う官庁訪問時面接では、それ以上に「志望動機」が強く求められます。つまり、国家公務員の内定を勝ち取るために鍵になっているのは、「志望動機」なのです。

志望動機の考え方・作り方は実は簡単なのに・・・

  • なぜ国家公務員を目指すのですか?
  • なぜ地方公務員ではなく、国家公務員なのですか?
  • 国家公務員になったら何がしたいですか?
  • あなたが国家公務員として向いていると思う理由はなんですか?
  • 国家公務員になりたいという理由、志望動機を説明してください
  • いくつもある中でなぜうちの省を希望されているのでしょうか?

あなたは、上記のような質問に即答することができますか?

人事院面接(国家公務員2次試験)でも、官庁訪問時の省庁担当者による面接試験でも上記のようなことを嫌になるほど質問されます。※内定までには、本当にひたすらに繰り返し聞かれます。

実はこれらの質問に自信を持って答えられるかどうかが国家公務員に内定できるかどうかの分岐点。そして、その最も核心にあるのが、志望動機なのです。

コンピテンシー評価では何が見られるのか?

旧国家Ⅰ種(現総合職)の面接試験では、コンピテンシー評価を取り入れるというアナウンスを人事院がしていました。コンピテンシーとは、

<コンピテンシーの定義>
コンピテンシーとは:行動に表れる能力、特性
結果や成果と結びつく能力、特性

引用元:人物試験技法研究会(平成17年8月)

これは、受験者の未来ではなく、過去をより強く考慮して評価を行うということです。平成24年から始まる新採用試験においてもこのコンピテンシー型評価はより強まる傾向にあります。

具体的には、何ができるか?という未来を質問していくのではなく、「過去に何をしたのか?」ということを質問していくということです。

例えば、「今も勉強を続けている英語力を活かして国際的な交流を進めたい」という志望動機があったとします。しかし、その英語力というのはどの程度か判断することは難しいでしょう。ペラペラに話すことが出来るレベルなのか、それともさほど大したことのないレベルかも知れません。これを15分程度の面接時間で判断するのは不可能です。

一方、「2年間留学して使えるようになった英語力を活かして国際的な交流を進めたい」であればどうでしょうか?ここで、2年間の留学で得た英語力というのがコンピテンシーです。そして、国際的な交流を進めたいというのがいわゆる目標です。このコンピテンシー+目標がセットになって「志望動機」になるのです。先の定義における、「結果や成果と結びつく能力、特性」にしっかりとなっていることが確認できます。

公務員試験の受験生が志望動機を上手く組み立てることができないのは、志望動機を未来からの視点だけで考えることが多いからです。そうではなく、志望動機というのは自分の過去と未来をつなぎながら考えていく必要があるのです。過去を整理し、未来と自動的に結びつけるノウハウが紹介されているのが、公務員面接試験一発合格講座のテキストとDVD動画になります。

 

この講座を使いこなす方法【メール添削の徹底活用】

書店に行けば公務員の志望動機作成に参考になりそうな書籍はたくさん販売されています。もちろん、それらは参考にはなりますが、実際に自分の志望動機を組み立てることができるわけではありません。

なぜならば、志望動機の組み立て方は紹介されていないからです。

公務員面接試験一発合格講座の最大の特徴は、あなたオリジナルの志望動機を組む方法が機械的に紹介されていること。ですから、あなたはテキストに書かれているステップの流れをDVD動画で確認しながら自分で考え、記述していけばそれで良いのです。

この講座は書店で販売されているような安価な価格ではありません。

しかし、無料で相談ができるメールサポートを回数無制限(6か月間)で受けることができます。そもそも志望動機というのは、全ての公務員受験生が異なるものです。同じ志望動機があったらそれはおかしいといえます。なぜならば、志望動機というのは過去と未来をつなぐものですから、全ての受験生の過去や経験が異なるのと同じで、全ての公務員受験生の志望動機も異なるわけです。

そんなあなたオリジナルの志望動機を、プロの目によって添削をしてもらうことができます。もちろん、回数が無制限ということですから、いわば志望動機作成の家庭教師を雇ったようなものです。このサポートだけでも勘の良い人ならば、十分に元が取れると理解できるはずです。どんなに良い志望動機ができたと思っても、自分の主観ではなく、客観的な視点を組み入れた方がより良いものになるのは当然のことですから。

もちろん、メールによる添削サポートだけではなく、さまざまな特典が付けられています。例えば、動画によるフォローアップ講座や、実際に合格を手に入れた受験生のコメントなど、貴重な情報がどんどん提供されていくのです。

>> 他にどのような特典があるのか確認する

 

この講座には欠点もあります。

公務員面接試験一発合格講座は、回数無制限の無料メールサポートや、さまざまな特典が付いているという点でオススメできるものですが、欠点もあります。それは、以下に該当する公務員受験生には効果がないということです。

  • 過去の合格者の志望動機を真似しようとしている
  • 自分で考えることはできればしたくない
  • 自分の過去の経験や体験を振り返る自己分析をしたくない

国家公務員に受かるための志望動機を作成するためには、「自分の過去を振り返り、自分で過去と未来を考える」という作業が不可欠です。

この方法であれば、確実にあなたオリジナルの志望動機を作ることが出来、誰からも真似されることはありません。作り方も面倒なものではなく、あくまで機械的なプロセスで進めていくものです。

しかし、作るのは簡単ですが、あなたにしか作れないという点で、自分で考えるつもりがない人には向いていません。そういった人は、過去の合格者の志望動機を真似するしかないと思いますが、恐らく官庁訪問時の面接では太刀打ちでないと思います。

時間がない人でもまだ至急申し込めば間に合います

公務員面接試験一発合格必勝マニュアルはpdfで即見ることができます絶大な評価を誇るこの講座ですが、多くの内定者が口を揃えて言うのが「もっと早く購入しておけば・・・」ということです。

しかし、公務員試験は1次合格の発表から面接試験までの時間が短いこと、1次合格の発表まで面接対策を行う気力がないこと、が現実としてあると思います。

そこで、実際に私もこの教材は購入しているわけですが、購入すると早ければ数日で自宅に到着することになります。

そして、講座はテキストとDVDによって進めることができますので、わざわざ遠方の学校に通う必要もなければ、学校のカリキュラムに待たされることもありません。自宅に到着後、すぐに自宅で自分のペースで志望動機の作成に取り掛かることが出来るということです。待たされることもなければ、通学時間も必要ありません。あなたが首都圏在住だろうが、地方在住だろうが条件も同じです。すぐにあなたオリジナルの受かる志望動機を作成することができる、それもこの講座の特徴であるといえるでしょう。

国家公務員試験は近年の難しさの影響から、浪人生が増えています。こういった浪人生は早めに面接対策を行っており、しっかりとした志望動機を考えて作ってくる受験生が多いのです。公務員試験は年齢制限があるという点で、資格試験とは異なりいつでも挑戦できるわけではありません

今年、絶対に国家公務員になりたい!とあなたが考えているのであれば、このマニュアルはオススメかも知れません。買うか買わないかということではなく、公式サイトには面接試験のヒントになることがたくさん埋め込まれていますので、見ておくだけでも損はないと思います。

>> 公務員面接試験一発合格講座の公式サイト

信用情報機関